SOCCER × スルガ銀行

夢インタビュー【Vol.2】澤 穂希選手

スルガ銀行presents「夢インタビュー」 ―サッカーを愛するすべての少年・少女へ―

フィールド・オブ・ドリームス

自分を追い込んだり楽しむためにも
夢や目標を持つことは絶対に必要

とことん落ち込んで、
もがき苦しんだほうが、
壁を乗り越えられるはず。

「夢は見るものではなく叶えるもの」。  はっきりとは覚えていないのですが、中学生のとき、なにかの本を読みながら、この言葉が思い浮かびました。

振り返れば、いつも自分は夢や目標を設定して、それに向かって取り組んできました。ベレーザに入りたい、試合に出たい、日本代表に選ばれたい、ワールドカップに出たい、海外でプレーしたい、オリンピックに出てメダルを獲りたい――。そうやって達成感を得るのが、自分のなかでは楽しいんです。ひとつの夢を叶えたら、今度は次の夢に向かって走り出す。夢や目標を持っていないと、なにかに向かって頑張れないですし、自分を追い込む意味でも、また楽しむためにも、夢や目標を設定するのは絶対に必要だと思います。  

その夢や目標のスケールは、大きくても小さくても構いません。他人と比べる必要もまったくありません。そのときの自分に合った夢であったり、目標に向かって頑張ってほしいと思います。

もちろん、夢を叶えるということは、そんなに簡単なものではありません。正直、苦しいことはたくさんあります。でも、楽ばかりをしていたら、得るものは限られてくるのではないでしょうか。なにかにぶつかるときは、なにかを越えなければいけないときだと思います。それは、自分が成長するために絶対に必要なことですし、チャンスでもあります。

私の場合は、目の前にある壁や問題を、まずはちゃんと自分のなかで受け入れることから始めます。ケガをしてしまったり、病気になったとしても、その事実から顔を背けはしません。スランプに陥って自分が思うようにサッカーができなくても、決してあきらめたりもしません。

そうやってもがいているのは、いまの自分になにかが足りないからだと思います。上手くいかないプレーがあったとしたら、今はそれを磨く時期なんだと考えて、一生懸命に日々の練習に励んでください。

ケガや病気のときは、周りの人や環境に助けられる部分もありますが、最後は自分の気持ちが大事になってきます。「病は気から」という言葉もあるように、“絶対に治してみせる!”と、強い気持ちを持つことが、一番の“特効薬”だと思います。

ケガに関しては、ある意味、時間が経てば回復しますので、焦らず治療に専念してください。痛みが残ったままプレーしても、痛いだけです。そこは我慢して、しっかりと休んでください。ピッチに立てない悔しさはありますが、それは今の自分にはゆっくりとなにかを考える時間が必要なんだと思い直してみてはどうでしょうか?


すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分はいつもそう思っています。

とにかく、夢を叶えるためには、毎日の積み重ねが必要です。例えば、一般の方が「明日、オリンピックでメダルを獲る」と言っても、それはやっぱり獲れないと思います。目標を達成するには、努力しなければいけないことがたくさんありますから。 

いまの私の夢ですか? 「オリンピックでメダルを獲る」というとても大きな夢を叶えた後なので、すぐには思い浮かびませんが、とりあえず、与えられた環境のなかで楽しくサッカーをしたいですね。そんな想いで毎日を過ごしながら、また次の夢に向かって走り出したいと思います。

澤 穂希 選手

Vol.2

澤 穂希

INAC神戸 MF

PROFILE さわ・ほまれ
1978年9月6日生まれ、東京都出身。164cm・55kg。AB型。府ロクSC-読売ベレーザ-CDダイヤモンズ-アトランタ・ビート-日テレ・ベレーザ-ワシントン・フリーダム-日テレ・ベレーザ-INAC神戸。言わずと知れた日本サッカー界の女王。昨年の女子W杯では5ゴールを記録し、日本の優勝に貢献。自身も得点王とMVPの二冠に輝いた。今年1月にFIFA最優秀選手賞を受賞し、ロンドン五輪では決勝戦でアメリカに敗れたものの、自身4度目の五輪出場で初のメダル獲得に貢献した。
サッカーダイジェストテクニカルVol.12(2012年11月12日)掲載
文●広島 由寛/インタビュー写真●小倉 直樹/協力●メイブリーズ

 
ページトップへ


SOCCER × スルガ銀行
SOCCER × スルガ銀行 (C)Copyright 2012 SURUGA bank Ltd. All Right Reserved.