梅原:青木さん、今日はスルガ銀行のd-laboまでご来店いただき、ありがとうございます。
青木さん:いえいえ、近くですからたいしたことないですよ。でもここ、すごいところですね。一般の方も入れるのですか?
梅原:もちろんです。ここは夢をテーマにした空間なのですが、東京ミッドタウンという場所柄、近くでお仕事をされている方がふらっと立ち寄られることが多いです。
青木さん:職場の近くにこういう場所があると良いですね。ところで處さんは写真を趣味にされているのですか?
:そうですね。ずっと風景ばかり撮っていたのですが、最近は鳥に興味があります。家の近くの川に野鳥がたくさんいることに気がつき何気なく撮り始めたら、難しいけど面白いんですよ。
それで最近、300mmF4が欲しくなっちゃいました。キタムラさん安く売ってくださいよ。
青木さん:お、良いレンズをお考えですね。キタムラでは他と比較しても結構頑張った値段を付けさせていただいております。ネット会員さまには、会員価格でご提供していますし。でもキタムラの特長はそれだけじゃないんです。例えばキタムラのネットショップで買って店舗受け取りをするお客さまは結構多いのですが、受け取り時だけでなく、その後もその店舗にご来店されて、その店員を呼び出してお話をしてくださるお客さまが多いですね。
写真を趣味にしていても、カメラのことをアドバイスしてくれたり、フォトコンテストの情報を教えてくれたりする人が身近にいない場合も多いので、キタムラの店員がそういう役割をさせていただいているわけです。
:確かに。私も古いレンズを有効活用するためにミラーレスが欲しくなって、SONYの「NEX-5」を地元のキタムラさんで購入したんですね。その時の店員さんは今でも大変お世話になっていますよ。キタムラさんって、買うときの品揃えや価格はネットショップみたいだけど、後々のリレーションは地元のカメラ屋さんみたいで、不思議な存在ですよね。
青木さん:そう言っていただけるとありがたいですね。ところでスルガさんも一眼レフ購入ローンなんて始めて面白いですよね。実際にどのようなお客さまが利用されているんですか?
梅原:もちろん高額な超望遠レンズやライカ、中判や大判などでご利用される本格的な方もいらっしゃいますが、中・上級一眼レフに高倍率標準ズームなど、これからスタートされるような方もいらっしゃいますね。
もともとスルガ銀行でお取引をいただいているお客さまからのお申込みもたまにあるのですが、ローンを組まれる何倍もご預金をお持ちの方もいらっしゃるのです。おそらく日常生活のお金はしっかりと計画を立てて貯蓄をしつつ、趣味は別会計で楽しむということだと思うのです。
青木さん:なるほど。すると、お金がある方にしか貸してもらえないと…さらにスルガさんの普通預金口座をお持ちの方が対象ですか。
梅原:そんなことはないですよ(笑)。
また、当社の普通預金口座を開設していなくてもご利用いただけますよ。ただ、真剣に写真が好き、カメラが好きという方が多いと感じます。
青木さん:カメラのローンというと、以前は信販会社の分割払いが多かったのですが、スルガさんの一眼レフ購入ローンはどう違うのですか?
梅原:銀行ローンなので年利が7.0%~11.0%と低めなのはもちろんですが、実はスルガの一眼レフ購入ローンの人気の秘密は「返しやすさ」なんです。
青木さん:返しやすさ?ですか?借りやすさではなくて?
梅原:ええ、返しやすさです。例えばサンニッパを購入して55万円をローンにすると、年利7.0%の場合毎月2万円ずつ返していくと2年半で返済が終わります(30回)。ところが中には「今月は飲み会が少なかったから、お小遣いが1万円余った」というときもあるでしょう?そういう時に、「ATMで1万円返済」なんてことができるのです。「ボーナスが入ったから10万円返済」とかそうやって返していくと、最初の計画よりずっと早く返済を終わらせることができます。
青木さん:なるほど。普通の分割払いだと、そう簡単には返せないですよね。手数料を取られてしまうこともありますし。
梅原:スルガの一眼レフ購入ローンなら、臨時で何度返済しても手数料はかからないし、近くのコンビニや郵便局のATMで手続きできるので、本当にお手軽です。
青木さん:そういうことなのですね。でもそんなに簡単に返されてしまったら、スルガ銀行さんは困らないのですか?
梅原:いえいえ、そうしたら次はロクヨン(600mmF4)とか、新しいボディとか、お客さまの夢もふくらみますから(笑)。
:レンズや機材って、欲しい時が買いどきですよね。今買わないと丹頂鶴は来年までお預けとか。
梅原:お金をじっくり貯めてから買うというのも一つのスタイルですが、必要なタイミングで買えて、本当に必要な時に使えるというのが一眼レフ購入ローンの本当の価値だと思います。
青木さん:写真は、とても文化的で芸術性のある活動だと思います。文化活動がお金のせいで制限されるというのは残念ですよね。キタムラは写真体験を文化として広める使命を持っていると考えておりますので、写真体験の制限を取り払う一眼レフ購入ローンは、とても良いと思います。
梅原:ありがとうございます。文化という意味では、もっと写真を広める活動もしたいですね。
青木さん:先日Twitterで「フォトリレーをやろう」という声をいただき、さっそく始めました。写真体験を広め、共有する手段として、将来的にはフォトコンテストなんかもいいですね。スルガさん、一緒にやりませんか?お客さまも喜ぶと思いますよ。
梅原:いいですね。ぜひ検討させてください。本日はありがとうございました。
カメラのキタムラホームページリンク カメラのキタムラfacebookページリンク スルガ銀行Twitterページリンク