ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
金融機関コード 0150
文字サイズの変更

ログイン

ダイレクトバンキング 個人のお客さま

インターネットバンキング
  • インターネットバンキングログイン
  • インターネットバンキングについて
  • お申し込み
  • パスワードをお忘れの方
WEBコンシェルジュ
  • Webコンシェルジュログイン
  • Webコンシェルジュについて
会員専用ページ
  • Visa会員専用ページ
  • リザーブドプラン会員専用ページ
  • 住宅ローン会員専用ページ



ここから本文です。

安全にご利用いただくために
パソコンのセキュリティ対策

パソコン・インターネットバンキングの利用に関するご注意 セキュリティ対策を万全にすれば、安全にご利用いただけます。

パソコンのご利用について

ご利用1

ID・パスワード・ご利用カードの管理は厳重に

他人の目に触れやすいところやパソコン内に、ID・パスワード・ご利用カードに記載されている「ご利用ナンバー」「セキュリティナンバー」などを記録したメモやファイル、ご利用カードを保管しないでください。

ご利用2

スパイウェアの侵入に注意する

  • ◎心あたりのないEメール・添付ファイルは開かない
  • ◎不自然なフリーソフトをダウンロードしない
  • ◎怪しいサイトは開かない

※添付ファイルを開いたときやフリーソフトをインストールした時にパソコンにスパイウェアが自動的にインストールされる場合があります。

ご利用3

ブラウザのOS、セキュリティ対策ソフトは最新版を使用する

  • ◎ご利用のパソコンのOSやブラウザは、最新の修正プログラムを適用してください。
  • ◎ご利用のパソコンにウイルス/スパイウェア対応のセキュリティソフト(※)を導入し、定期的にウィルスチェックと駆除することをお勧めします。また、セキュリティソフトのウィルス定義ファイルを最新情報でアップデートをかけてください。

※スパイウェアはウイルスとは異なりますので、スパイウェア専用または対応ソフトをご利用ください。

ご利用4

不特定多数の人が利用するパソコンからは操作しない

インターネットカフェ、図書館、ホテルなど不特定多数の人が操作するパソコンにはスパイウェアがインストールされている危険があります。そのようなパソコンからのインターネットバンキングによるお取引はお止めください。

ご利用5

無線LANのセキュリティ機能を設定する

無線LANでインターネットに接続する際に、セキュリティ機能を設定していない場合は、通信内容を読み取られたりネットワークに侵入される可能性があります。無線LANをご利用の際は、セキュリティ機能を必ず設定してください。

ご利用6

SSLによる暗号化通信が行なわれるページでは、「鍵マーク」と「サーバー証明書」を確認する

スルガ銀行のホームページでお客さまから暗証番号、パスワードなどの重要な情報を受け付ける場合は、SSLの暗号化通信を行なっております。
SSLによる暗号化通信が行なわれるページのアドレス(URL)は「https://」で始まっています。
アドレスバー横またはページ右下(ステータスバー)に表示されている鍵マークをダブルクリックしてサーバー証明書を表示し、スルガ銀行に発行されている証明書をご確認ください。

【スルガ銀行が使用しているサーバーの証明書】

スルガ銀行のホームページ パソコン www.surugabank.co.jp
モバイル secure.surugabank.co.jp
インターネット/モバイルバンキング・
ビジネスバンキング・Webコンシェルジュ
パソコン ib.surugabank.co.jp
モバイル mb.surugabank.co.jp
Webビジネスコンシェルジュ surugabank.cns-jp.com
Visa デビットカード会員専用サイト card.surugabank.co.jp
ゆうちょ専用支店 ローンお申し込みフォーム www.ylc.surugabank.co.jp
カードローンしたく会員専用サイト member.surugabank.co.jp
確定拠出年金インターネットサービス www.jis-t.ne.jp/
www.benefit401k.com/customer/rk.asp
ライフプランシミュレーション www.asp.abic.co.jp
RSS専用ページ rss.surugabank.co.jp

インターネットバンキングのご利用について

ご利用1

パスワード入力時は、ソフトウェアキーボードを利用する

文字の位置表示にカーソルを当てると文字が消え、さらに文字を入力するごとに文字の位置が変わります。

ソフトウェアキーボードのご利用方法はこちら

ご利用2

被害金額抑制のため、振込限度額を減額または「0円」に設定する

振込限度額を最小限に設定することにより、限度額を超えるお振り込みができなくなります。
また、「0円」に設定することにより、お振り込みの利用を停止することができます。
振込限度額の増額は、「ご利用カード」を貼付した台紙に記載されている「セキュリティナンバー」を利用していただければ、お振り込みの都度、必要な限度額に増額をすることも可能です。

取引限度額の変更方法はこちら

ご利用3

EV SSL証明書を確認する

SSLによる暗号化通信が行なわれるページでは、アドレスバーが「緑色」に変わります。緑色のアドレスバーにはスルガ銀行の名前や認証ベンダの名称も表示されます。

EV SSL証明書の詳細はこちら

ご利用4

PhishWall(フィッシュウォール)をインストールする

株式会社セキュアブレインが提供しているフィッシング・MITB攻撃対策ソフトです。
パソコンにインストールすると、真正なサイトである場合は、ブラウザのツールバーに緑色のシグナルが表示されます。
また、不正にポップアップ画面を表示させてパスワードなどを盗み取ろうとする犯罪防止に効果があります。

PhishWall(フィッシュウォール)の詳細はこちら

ご利用5

メール通知サービスを利用する

お振込の都度、ご登録いただいたメールアドレスに通知いたします。

メール通知サービスについて詳しくはこちら

ご利用5

電子署名付きEメール(S/MIME・DKIM)を確認する

当社から発信するEメールには、電子署名が付与されています。
電子署名つきのメールをS/MIMEの規格に対応しているメールソフトで受信することで、送信先がスルガ銀行であること、メールの内容が改ざんされていないことを自動的に確認することができます。
また、DKIMに対応したメールサービスをお使いの場合、送信先を偽造したフィッシングメール等は受信箱に届く前に破棄することができます。

S/MIMEについて詳しくはこちら

DKIMについて詳しくはこちら

ご利用6

パスワードは定期的に変更を

より安心、安全にお取引いただくために、キャッシュカードの暗証番号やインターネットバンキングのパスワードは定期的に変更することをお勧めします。


キャッシュカードの暗証番号変更方法

当社で発行するすべてのキャッシュカードの暗証番号は、当社支店窓口、インターネットバンキングまたは当社設置のATMで任意に変更いただけます。

●当社本支店窓口の場合

キャッシュカード、お届けいただいているご印鑑、通帳、ご本人であることを確認できる資料(運転免許証・住民基本台帳カード(写真つき)等)

●インターネットバンキングの場合

ログイン後、「セキュリティ設定」→「キャッシュカード暗証番号変更」から変更手続きをお願いいたします。

パスワードの変更方法はこちら(PDF:908KB)

●当社設置ATMの場合

「セキュリティ設定」ボタンを押下し、「暗証番号設定変更」ボタンより設定することが可能です。
(一部お取り扱いできない機種がございます)

当社設置ATM(店舗・ATM検索)はこちら

インターネットバンキングのパスワード変更方法

インターネットバンキングのパスワードは、インターネットバンキングでいつでも変更いただけます。
また、パスワードをお忘れの場合は、書面・ATMでパスワードを再設定いただけます。

●インターネットバンキングの場合

ログイン後、「セキュリティ設定」→「パスワード変更」から変更手続きをお願いいたします。

パスワードの変更方法はこちら(PDF:908KB)

●書面の場合

お近くの当社支店窓口でお手続きいただくか、資料請求フォームから「インターネット/モバイルバンキング(兼パスワード変更)」をお申し込みください。
資料請求の場合は、お手元に資料が届いたら必要事項をご記入いただき、同封の返信用封筒にてご返送ください。

資料請求はこちら


●ATMの場合

普通預金キャッシュカード(代表口座)をお持ちのうえ、お近くの当社ATMで「セキュリティ設定」→「インターネットバンキング」から再設定手続きをお願いいたします。

ご利用7

取り引きを定期的にチェックする

通帳記帳やインターネットバンキングの入出金明細で、お取引の内容を定期的に確認してください。
インターネットバンキングログイン時に前回の「ログイン時間」をお確かめください。


本文に戻るにはここでエンターキーを押してください。
ページ終わり。ページ先頭へ戻るにはここでエンターキーを押してください。