ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
金融機関コード 0150
文字サイズの変更

ログイン

ダイレクトバンキング 個人のお客さま

インターネットバンキング
  • インターネットバンキングログイン
  • インターネットバンキングについて
  • お申し込み
  • パスワードをお忘れの方
WEBコンシェルジュ
  • Webコンシェルジュログイン
  • Webコンシェルジュについて
会員専用ページ
  • Visa会員専用ページ
  • リザーブドプラン会員専用ページ
  • 住宅ローン会員専用ページ



ここから本文です。

確定拠出年金
はじめての方へ




「スルガ確定拠出年金個人型プラン」は個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)で、掛金が全額所得控除のうえ、運用益(キャピタルゲイン)は非課税なので、節税をしながら賢く老後資金の形成が可能です。

スルガ確定拠出年金個人型プラン

商品ラインナップ

みなさまの幅広いニーズにお応えし、日本だけでなく、世界中で運用できるファンドを取り揃えました。もちろん、経済成長が著しい中国、インドなど、新興国のファンドもご選択いただけます。

商品ラインナップ

手数料一覧

運営管理手数料が無料です。

運営管理手数料無料の対象となるのは、毎月の掛金の積み立て、または個人別管理資産が50万円以上(月一回判定)の場合に限ります。(無料の対象とならない場合、月額270円となります。)

(注)国民年金基金連合会手数料(一時金2,777円、年間1,236円)および、資産管理手数料(年間768円)が別途かかります。

手数料一覧

加入資格

60歳未満の方で、以下に該当するケース以外は原則ご加入いただけます。

  • 国民年金の保険料を免除(一部免除を含む)されている方、未納の方
  • 企業型確定拠出年金を実施する企業に勤めその対象となっている方で、その年金規約に個人型へ加入できる旨の規定がない方
    (詳しくは勤務先にご確認願います。)

第1号被保険者(国民年金の方)は、国内居住者に限られます。


個人型確定拠出年金の特長

特長1 毎月の掛金が全額所得控除

たとえば、毎月2万円ずつ掛金を拠出した場合、税率20%とすると、年間4万8千円の節税効果となります。

年金種別によって毎月の掛金の上限額は異なります。
詳細は「掛金について」をご覧ください。


特長2 運用益も非課税で再投資

通常、金融商品の運用益には税金(源泉分離課税20.315%)がかかりますが、iDeCoの運用益は非課税です。※

積立金には別途1.173%の特別法人税がかかりますが、制度開始から現在まで課税が凍結されています。


特長3 受け取るときも税制優遇措置があります

一時金は「退職所得控除」、年金は「公的年金等控除」という大きな控除が受けられます。


ご加入時の留意点

  • 資産の運用は加入者ご自身が行ない、受け取る額は運用成績により変動します。
    (元本を保証する運用商品もあります)
  • 原則60歳まで引き出しできません。
  • 口座管理手数料などが掛かります。

掛金について

お問合わせ・資料請求

※1. 企業年金等とは、企業型確定拠出年金、確定給付企業年金、厚生年金基金等。企業型確定拠出年金を実施している企業は、年金規約でiDeCoへの加入を認めている場合のみ加入可能。
※2. 企業年金等に加入している方のうち、「企業型確定拠出年金のみ加入している方」の額。
※3. 企業年金等に加入している方のうち、「企業型確定拠出年金のみ加入している方以外の方」の額。
(公務員、私学共済加入者もこちらに含まれます。)

掛金の納付方法について

  • ご本人名義の口座から口座振替になります。
  • 会社員、公務員の方は、給与天引きにより事業主経由で納付することもできます。

事業主さまが給与天引きに対応できない場合はご本人名義の口座から口座振替になります。



上記については、2017年1月1日現在の内容で作成しております。

FAQ(よくあるご質問)

お問合わせ・資料請求


本文に戻るにはここでエンターキーを押してください。
ページ終わり。ページ先頭へ戻るにはここでエンターキーを押してください。