ただひたすらボールを追い続けた日々

商品デザインやウェブサイトなど、プロモーション担当としてお客さまの目に触れる様々な媒体を担当する今回の夢先案内人。実は、大学までは本気でサッカーに取り組むアスリートだった。

「幼稚園からサッカーを始めて、中学のときにジュビロ磐田のジュニアユースに所属し、高校は藤枝東、大学は関西学院と、ずっとサッカー漬けの生活を送ってきました。サッカーを職業として意識したのは、大学2、3年生のころでしたね」

高校時代には日本代表キャプテンの長谷部選手らとプレーをともにし、身近な選手がプロ入りしていくのを見送っていくなかで、上へのカテゴリーの可能性を意識するようになったという。しかし、一番のきっかけは“プロ選手の壁”を肌で感じた経験だった。

「大学に入ってプロと試合をする機会が何度かあったのですが、その中でガンバ大阪の当時の日本代表選手と対峙したときに、『これはどうやってもボールを奪えないな』という今まで感じたことのない感覚を覚えたんです。もうレベルが違うなと。でも、それが悔しくて、もっと努力を重ねなければいけないと思うようになりました」

そこから一念発起し、関西の大学リーグ優勝、全国大会出場と活躍。しかし、最終的に上のカテゴリーへの道を歩むには至らなかった。

「結局、自分の努力は甘かったんですよね。やっぱり上へ行く人間というのは、もっと早くから上を意識してストイックに努力を重ねていました。でも、今はスルガ銀行に入り、社会人生活もプライベートも充実しているので後悔はないですね」

こうしてサッカーの素晴らしさも厳しさも知った彼は、その経験を活かし、天皇杯やスルガ銀行チャンピオンシップ、スルガなでしこフットサルカップなど、スルガ銀行が協賛するサッカーイベント関連の企画やプロモーションに携わるようになる。

今度は夢を追う人たちを後押ししたい

彼がイベントに携わるうえで心がけているのは、参加者の目線、お客さまの目線で考えること。本気でサッカーに打ち込んだからこそ、夢を抱いている人の気持ちや、夢を追い続けるには支えや協力が必要なことがわかるのだろう。今は自ら夢先案内人となって、人々の夢を応援し続けている。

「自分はプロになる夢はあきらめてしまいましたが、だからこそ夢を追っている人たちの立場に立って、今の自分に何ができるのかを考えながら企画するようにしているんです」

選手と共にスタジアムに入場するエスコートキッズの募集企画では、子どもたちに夢を与えられる場で、親の目線に立って特別な体験を演出した。

「ものすごい経験じゃないですか、天皇杯やスルガ銀行チャンピオンシップが行なわれるスタジアムで、子どもたちがスター選手と手をつないで3万人以上の観衆に迎えられるって。自分が親だったら写真だけじゃ物足りないなと思って、お子さんの集合からリハーサル、終了後の感想まで撮影したDVDをお客さまに差しあげるようにしたんです。とても喜んでいただけて、お礼の言葉や、お褒めの言葉をたくさんいただきましたね」

スルガなでしこフットサルカップでは選手目線で、楽しく、モチベーションの高まる大会を考えた。その結果、全国の女子フットサルチームから強豪3チームが参加し、大会は地元・静岡のテレビ番組発のチームがトップの実力を痛感するドラマチックな展開に。

「強豪3チームが一堂に会することってあまりなかったそうなんです。そうしたチームを集められたことで、静岡のチームにとってもいい経験になるし、夢の後押しにもなると思ったんです。今後も女子フットサル選手にとって目標となる、夢のある大会にしていきたいですね」