社長メッセージ

平素より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

このたびの新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けている皆さまに、心からお見舞い申し上げます。また、医療関係者の皆さまをはじめ、治療や感染拡大防止のために日々ご尽力されている皆さまに、深く感謝申し上げます。

弊社は、地元の静岡・神奈川を中心に、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているお客さまのご支援に、全社一丸となって取り組んでおります。引き続き地域金融機関の使命である金融仲介機能を発揮し、経済活動の回復に向けて迅速かつ柔軟な対応に努めてまいります。

また、一昨年11月に一連の不祥事を受け金融庁へ提出しました業務改善計画の取組みを通じた、コンプライアンスの徹底とお客さま本位の業務運営の実現、健全な組織風土・企業文化の醸成、お客さまからの信用・信頼の回復、そしてシェアハウス関連融資等の問題解決は、引き続き真摯に取り組んでまいります。

弊社は、昨年11月に中期経営計画「Re:Start2025」をスタートいたしました。ビジョン“新しいスルガ銀行の創出”には、当社の強みであるリテールバンキングを通じた独自の価値をご提供することで、お客さまに心から満足していただき、結果として株主さま・社員そして社会にも価値提供を行える存在を目指す私たちの決意を込めております。

公共性のある地域金融機関として持続可能な新たなビジネスモデルの構築を目指し、企業理念「あってよかった、出会えてよかった、と思われる存在でありたい。」のもと、地域の皆さまと共に豊かで実り多き地域社会の実現に向けて、役職員一同全力を尽くしてまいりますので、今後とも温かいご支援と、変わらぬご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2020年6月

社長 嵯峨行介