スルガ銀行|SURUGA bank

利益相反管理の方針

当社は、当社及び当社関連会社(以下、「当社等」といいます)とお客さまの間、ならびに、当社等のお客さま相互間における利益相反の恐れのある取引に関し、お客さまの利益が不当に害されることのないよう適正に業務を遂行します。当社は、法令等に従い、当社の利益相反管理に関する方針の概要をここに公表します。

  1. 利益相反取引の類型
    利益相反取引とは、以下の取引またはその他の取引のうち、お客さまの利益が不当に害される取引をいいます。

    1. 当社等が契約等に基づく関係を有するお客さまと行なう取引
    2. 当社等が契約等に基づく関係を有するお客さまと対立または競合する相手と行なう取引
    3. 当社等が契約等に基づく関係を有するお客さまから得た情報を不当に利用して行なう取引
  2. 利益相反管理体制
    適正な利益相反管理を遂行するため、利益相反管理統括部署を設置し、対象取引の特定及び管理を一元的に行ないます。対象取引の管理方法として、以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択し組み合わせることにより、お客さまの保護を適正に行ないます。

    1. 取引の一方または双方の条件または方法を変更する
    2. 取引の一方または双方を中止する
    3. 利益相反の恐れがあることをお客さまに開示する
    4. 情報隔壁を設置し部門間の情報を遮断する
    5. 情報共有者を監視する
  3. 利益相反管理の対象範囲
    利益相反管理の対象となるのは、当社及び以下に掲げる当社関連会社です。

    • ダイレクトワン株式会社
    • スルガ・キャピタル株式会社
    • スルガカード株式会社

以上