スルガ銀行|SURUGA bank

ソーシャルメディアポリシー

スルガ銀行(グループ)は、役職員のソーシャルメディアへの参加およびスルガ銀行のソーシャルメディア公認アカウントの運営に関して以下の「ソーシャルメディアポリシー」を定め、これを遵守します。

1. ソーシャルメディアポリシー導入の目的

スルガ銀行(グループ)は、ソーシャルメディアを活用して、お客さまをはじめとするさまざまなステークホルダーとの関係を強化し、ミッションである「ライフ アンド ビジネス ナビゲーターとして 夢をかたちにする、夢に日付をいれるお手伝い」を実現したいと考えています。そのための指針として、この「ソーシャルメディアポリシー」を策定しました。

2. ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネットやWeb技術を用いて、不特定多数のユーザーによるコミュニケーションを可能とするメディアをいいます。

3. ソーシャルメディア利用の基本方針

  1. お客さまの個人情報は、関係法令および社内規程等に従い慎重に取扱います。
  2. 著作権および商標権、肖像権などの第三者の権利を侵害することなく、尊重します。
  3. 良識ある社会人として、健全な社会常識から逸脱した言動がないよう常に自らを律し、傾聴の姿勢をもってステークホルダーとのコミュニケーションに臨みます。

4. ソーシャルメディアへの参加における自覚と責任

  1. 個人としての参加
    1. ソーシャルメディアを活用するにあたり、法令およびスルガ銀行(グループ)が制定する社内規程等を遵守します。
    2. 業務上知り得た秘密は一切公開しないことはもちろん、個人による情報の発信、特にスルガ銀行(グループ)としての公式見解や利益に反する立場を公にしたようなときには、ブランド価値の毀損に繋がる議論や憶測を引き起こす可能性があることを十分に認識します。
  2. スルガ銀行(グループ)の担当者としての参加
    1. スルガ銀行(グループ)が認める公認アカウント内での発言とします。
    2. 誤解を招く曖昧な表現は避け、正確な情報を発信します。文字数の制限等により情報を正しく伝えられない可能性があるときには、正しい記載のある場所へのリンク等により対応します。
    3. 第三者のコンテンツを使用するときには、権利所有者を明記するとともに、コンテンツの利用許可を得ていることを確認します。
    4. 一度発信した情報は完全に削除することができずに、記録として恒久的に残る可能性があることを十分に認識します。

お客さまおよび利用者の皆さまへのご案内とお願い

スルガ銀行(グループ)の役職員がソーシャルメディアにおいて発信する情報の全てが、必ずしも当社の公式発表・見解を表すものではありません。公式発表・見解は、スルガ銀行(グループ)のWebサイトおよびニュースリリースなどで発信しています。

アカウントにより対話の仕方(返答可否・対応時間・手段)が異なりますので、それぞれ運用については、スルガ銀行(グループ)のソーシャルメディア公式アカウントのご案内をご覧ください。