文字サイズの変更

「財産3分法ファンド」の底力〜バランスを取りながら「分配」も?!〜

「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型」は、2003年8月5日に誕生し、10年以上にわたり運用を続けてまいりました。当ファンドは、お客さまの資産運用の「土台」として活躍できるファンドと考えており、純資産総額は約3,500億円と、10年以上運用されてるバランス型のファンドとしては国内最大の資産規模※となっています(2017年10月末現在)。


本資料では、当ファンドの3つのポイントとともに、資産運用の選択肢のひとつとしてご紹介いたします。


※公募ファンドのみ、日興アセットマネジメント調べ(Fundmarkおよび公表データをもとに)








財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型

  • ファンド(指定投資信託証券を含みます)は、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本を割込むことがあります。
  • ファンドは、預貯金とは異なり、投資元本および利回りの保証はありません。運用成果(損益)はすべて投資者の皆さまのものとなりますので、ファンドのリスクを十分にご認識ください。

スルガ銀行株式会社 登録金融機関 東海財務局長(登金)第8号 加入協会:日本証券業協会

詳しい内容・お問い合わせは

スルガ銀行 投信デスク

0120-86-1449 ハロー トウシシンタク

お電話承り時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜17:00

前のページへ戻る

特集記事一覧を見る

投資委託会社等から提供されているレポートです。