文字サイズの変更

NISA(少額投資非課税制度)口座開設の流れ

NISA(少額投資非課税制度)とは

NISA口座開設の流れ

「少額投資非課税口座(NISA口座)」は、すべての金融機関(銀行や証券会社)を通じて、お一人さま1口座のみ開設できます(金融機関の変更を行なったときを除く)。NISA口座が重複しないように、お申込みを受付けた金融機関は、他金融機関でNISA口座が開設されていないことを税務署に確認する必要があります。

他の金融機関でNISA口座をお持ちの方はこちら

お客さま

1.インターネットバンキングにて、NISA口座開設をお申込みいただきます。

  1. NISA口座の留意事項、注意事項、約款をよくお読みになり、内容を確認のうえ、同意いただきます。
  2. お名前、生年月日、ご住所、証明する書類を入力してください。

2.スルガ銀行から、「NISA口座開設申込書(お客さま控え)」、返信用封筒が届きます。(郵送)

3.ご本人さまを証明する書類(本人確認書類)を返信用封筒に入れて、スルガ銀行に郵送してください。

4.スルガ銀行から、「少額投資非課税口座(NISA口座)開設のご案内」が届きます。(電子交付または郵送)

  • 開設できなかった場合は、その旨お知らせします。(郵送)

NISA口座の申込受付完了の状況

インターネットバンキングログイン後、「口座情報」→「利用口座一覧」→ 「NISA口座開設状況」欄にてご確認いただけます。

お客様からのお申込み NISA口座解説のご案内
スルガ銀行

1.お客さまより、NISA口座開設をお申込みいただき、必要書類を受領いたします。

  1. NISA口座開設申込書
  2. 証明する書類(本人確認書類)

2.スルガ銀行から、お客さまのNISA口座の開設を税務署に申請して、開設確認の通知(確認書発行)を受けます。

3.NISA口座の開設完了後、お客さまへ開設完了のご案内をします。
(電子交付または郵送)

  • 開設できなかった場合は、その旨お知らせします。(郵送)
税務署への申請 税務署からの回答
管轄税務署

税務署にて、お客さまのNISA口座の開設状況を確認します。

NISA口座を開設する 

※実際の画面とは異なる場合がございますが、ご了承ください。
※NISA口座を開設するには、投資信託口座の開設が必要です。

NISA口座開設のしかた(インターネットバンキング)

インターネットバンキングにログインします。

1インターネットバンキングに
ログインします。

当社ホームページにある「インターネットバンキング ログイン」ボタンを押してください。

  • フィッシング画面にご注意ください。
    当社ではログイン時に「ご利用ナンバー」および「確認パスワード」の入力を求めることはありません。
NISA口座開設に関する注意事項を確認します。

2NISA口座開設に関する
注意事項を確認します。

「インターネットバンキング」ログイン後、左メニュー「投資信託」→「NISA口座」→「NISA口座開設」にて、説明および約款をよくお読みいただき、ご理解、同意いただけましたら、「チェック」欄をチェックのうえ、「入力画面に進む」ボタンを押してください。

お客さま情報を入力します。

3お客さま情報を入力します。

  1. お客さまの「お名前」「生年月日」「ご住所」について、ご確認ください。
  2. 「基準日のご住所に関する確認書類」を選択、ご入力ください。
ご入力内容をご確認し、申込書の郵送依頼を完了してください。

4ご入力内容をご確認し、
申込書の郵送依頼を完了してください。

  1. 内容に間違いがなければ、確認パスワードを入力して、「依頼」ボタンを押してください。

    1. 確認パスワードの入力は、ソフトウェアキーボードをご利用ください。
  2. NISA口座開設申請のお申込みが完了しました。

「〈少額投資非課税制度〉非課税適用確認書交付申請書兼非課税口座開設届出書(お客さま控え)」と返信用封筒を郵送しますので、必要書類をご用意いただき、ご返送ください。

NISA口座を開設する 

※実際の画面とは異なる場合がございますが、ご了承ください。
※NISA口座を開設するには、投資信託口座の開設が必要です。

非課税適用確認書交付申請書兼非課税口座開設届出書(申込書)と必要書類について

ex4_1

2013年1月1日以降にご住所やお名前に変更のあった方の必要書類

現在のご住所と2013年1月1日時点の ご住所が異なる場合 の必要書類

必要書類をご準備のうえ、「申込書」と合わせてご返送ください。

必要書類
2013年1月1日以降、同一の市町村内で転居 icon_b

2013年1月1日時点のご住所およびそのご住所に住んでいた期間が記載された履歴付きの住民票(コピー不可)

2013年1月1日以降、異なる市町村内で転居 icon_c

下記の1と2 両方の書類が必要となります。

  1. 2013年1月1日時点のご住所を証明するもの
    ⇒「住民票の除票」または「戸籍の附票」(コピー不可)
  2. 本人確認書類(お名前、生年月日、現在のご住所を証明する公的書類)
    ⇒「運転免許証」、「健康保険証」、「住民票」のいずれか(コピー可)
2013年1月1日以降、海外に居住していた場合 icon_d

2013年1月1日以降、国内に転入した日の国内住所を証明する住民票(コピー不可)

  • (注)住民票等取得方法は地域によって異なるため、お住まいの市町村にてご確認ください。
現在のお名前と2013年1月1日時点の お名前が異なる場合

スルガ銀行アクセスセンター投信デスク(0120-86-1449)までお問合わせください。(お名前とご住所共に異なる場合も同様です。)

必要書類の有効期限について

必要書類については、スルガ銀行が受領した日によって、発行日または有効期限の制約がありますのでご注意ください。

住民票、住民票の除票・戸籍の附票 発行日がスルガ銀行受領日前6か月以内のもの
運転免許証、健康保険証等 スルガ銀行受領日に有効なもの

詳しい内容・お問い合わせは

スルガ銀行 アクセスセンター投信デスク

0120-86-1449 ハロー トウシシンタク

お電話承り時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜17:00

前のページへ戻る

特集記事一覧を見る

投資委託会社等から提供されているレポートです。