文字サイズの変更

投資信託メール通知サービス活用ガイド

ファンドの基準価額、純資産総額、分配金などの情報をメールでお知らせするサービスです。

基準価額下落お知らせサービス(5%以上)

市場動向の急変などで基準価額が下落をした際、ファンド情報を知りたい方におすすめ

市場動向の急変や市場にインパクトを与える事象の発生などにより、、ファンドの基準価額が前日比5%以上下落した際、ファンド情報(前日比変動率、基準価額、前日比)をメールでお知らせするサービスです。
適時適切な情報がうけられ、投資判断にお役立ていただけます。

[(当日基準価額+分配金(※))/(前日基準価額)−1]×100% ≦ -5%
※当日決算の場合のみ分配金を入れて計算します。

サービスの内容

配信頻度

登録したファンドについて、基準価額から5%以上下落した際、翌日9時45分頃に配信します。
※詳しくは「サービス内容」をご覧ください。

登録可能数

すべてのファンド可
※複数ファンドの登録をされている場合は、1通にまとめて配信します。

有効期間

なし
※お客さまが登録を解除されるまで配信されます。

登録方法

「基準価額一覧」画面にある「アイコン(メール)」をクリックし、
画面の案内にしたがって操作してください。

「登録用アドレス」をコピーして、空メールを送信してください。
返信されてきたメール本文の「URL」をクリックすると手続が完了します。

  • 空メールは、利用したいメーラーから送信してください。
  • ドメイン指定受信などの受信制限を設定されている場合に「@mfund.jp」からのメールが、受信可能となるよう事前に設定してください。

変更・解除手続(配信停止など)

以下のメールアドレスに空メールを送信して、案内にしたがって操作してお手続きください。

surugabank-kakunin@mfund.jp

サービス提供会社:時事通信社

  • 本サービスは、株式会社時事通信社が管理・運営するサービスを利用しています。
  • 本サービスにより配信される事項は、投資信託などに関する情報の提供を目的として株式会社時事通信社および当社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ファンド名、基準価額、前日比、純資産総額、直近決算日、直近分配金(税引 前)、前回分配金(税引前)は株式会社時事通信社が、それ以外は当社が作成したものです。
  • 本サービスは、特定の金融商品などの勧誘を目的とするものではありません。
  • 本サービスは、電子メールの配信をお約束するものではありません。システム障害その他の理由により、電子メールの配信が遅延したり、電子メールの配信を取りやめることがあります。
  • Eメールのドメイン指定受信を設定されている場合は、「mfund.jp」からの受信許可をお願いいたします。
    受信許可の方法につきましては機種ごとに異なりますので、恐れ入りますが、携帯電話会社へお問い合わせ下さい。
  • 本サービスの設定、メール送受信のパケット料金は、お客さまのご負担になります。
  • 東京証券取引所営業日(土日・祝日と12/31〜1/3を除く平日)の翌日午前9:30までにご登録いただければ、該当のメールサービスをご登録当日より配信いたします。
  • 登録ファンドが多い場合、ご覧いただく環境によっては、本文が全て表示されない場合があります。
  • 本サービスに掲載されている基準価額は、お客さまと当社とのお取引価額を保証するものではありません。
  • 本サービスをご利用いただくことにより発生するお客さまの不利益、および本サービスを正常にご利用できないことにより発生するお客さまの不利益について、株式会社時事通信社および当社は一切責任を負いません。
    詳細は、「利用規約」をご確認下さい。

詳しい内容・お問い合わせは

  • Web面談、店舗へ来店してご相談

    Web面談予約・来店予約はこちら

    ※来店予約の場合、静岡県・神奈川県の店舗のみご予約いただけます。

  • お電話でご相談

    スルガ銀行 投信デスク

    0120-86-1449 ハロー トウシシンタク

    お電話承り時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜17:00

「ノーロード投資信託の
達人」が選ばれる理由

おすすめ

投資信託は、価格変動リスクや信用リスクにより、投資元本を割り込むリスクがあります。
詳しくはこちら

電子交付サービス

マーケット情報

日経平均

1日5回更新、9時20分頃までは前営業日の終値を表示。

米ドル

3分以上遅れた値を表示。

前のページへ戻る
[an error occurred while processing this directive]