医療費控除って知っていますか?
不妊治療費を確定申告することで
税金が戻ってくるんです!

Q:

医療費控除とは?


A: 医療費が多くかかった年は税金を安くしましょうという仕組みです。助成金を受け取っていても医療費控除は認められます(※1)。ご家族で医療費の総額が、1年間10万円を超える場合が対象です。
医療費控除の対象上限金額は1年間で200万円です。

(※1) 医療費控除できる金額は助成金などを引いた、実際に支払った医療費の額です。

医療費控除の対象例

医療費控除対象 医療費控除対象外

・病院での診察、お薬代、歯の治療費など
(不妊治療費も対象)

・治療や療養に必要な医薬品購入費

・治療のために通った鍼や鍼灸、マッサージ費用

・家で常備している風邪薬、目薬、マスク代など

・審美歯科、歯の矯正費用

・美容外科手術代

・健康食品、健康ドリンク、サプリ代

・人間ドックや健康診断費用

・コンタクトレンズ、メガネ代

・治療のための宿泊費、入院個室ベッドの差額代

医療費控除の手続き手順です。

1

医療費控除をするためには確定申告をする必要があります。


2

対象となる期間は?

その年の1月1日~12月31日までの期間です。
(治療が1年以上にわたる場合でもその年の1月1日~12月31日に支払った金額で計算されます)

3

いつ確定申告をすればいいの?

確定申告の時期である翌年の2月15日~3月15日までです。

※確定申告時期は税務署が込み合うので上記期間の前に、あらかじめ準備しておくとスムーズにお手続きができます。

4

確定申告はどうやってするの?

確定申告書が必要になります。税務署にある用紙に記入して作成するほかに、国税庁のホームページでも作成できます。またインターネットで申告まで完結するe-Taxも利用できます。

5

確定申告書の記入方法は?

下記を参照してください。

※参考資料:国税庁(医療費控除を受けられる方へ)

※e-Taxでの記入方法 参考資料:国税庁HP

6

用意する書類

□ 源泉徴収票
□ 還付申告をする年の医療費のレシートや領収書、交通費のレシートや領収書
□ 保険金や助成金で補填された金額がある場合にはその金額がわかるもの
□ 還付金の振込をしてもらう申告者の口座番号
□ 確定申告書に捺印する印鑑(シャチハタ以外)

スルガ銀行『不妊治療サポートローン』の詳しい内容についてはこちら
pagetop