個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)とは

iDeCoトップに戻る

確定拠出年金(iDeCo イデコ)は、自分で積立た資金を自分自身で運用し、運用した結果が年金として受取る金額にも反映される制度です。国民年金、厚生年金だけでは老後の生活設計が心もとないと考える方には、これらの制度に上乗せして年金を受取ることができる確定拠出年金(iDeCo イデコ)がオススメです。運用益が非課税になることや、掛金として支出した金額について所得税、住民税の所得控除が受けられるなど、優遇制度もあります。

2017年1月から公務員や主婦(夫)、企業年金に加入されている会社員も個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)に加入できるようになりました。

年金制度について

日本の年金制度は3階建ての構成になっています。1階部分にあたる国民年金、2階部分にあたる公的年金、企業年金等に3階建て部分として組み合わせることができるのが、個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)です。

年金制度について

加入対象者と拠出限度額

個人型確定拠出年金には、加入できる方がきまっています。また加入時に毎月拠出できる金額に限度額があります。

加入対象者と拠出限度額
  • 各被保険者、および第2号被保険者の方は企業年金等の加入状況によって掛金限度額が異なります。
  • 国民年金の保険料を免除されている方(障害基礎年金の受給権者は除きます。)、国民年金の任意加入被保険者の方、農業者年金の被保険者の方は加入できません。
  • 企業型確定拠出年金、企業年金のある企業にお勤めの方は、お勤先の規約等により加入できないことがあります。詳しくはお勤先の人事部等に確認してください。

3つの税制メリット

所得税・住民税の負担が軽減できる

確定拠出年金(iDeCo イデコ)の掛金として支払った金額は、全額が所得控除されます。そのため、支払わなければならない所得税・住民税の負担を抑える効果があるのです。

運用益は非課税

確定拠出年金口座内で売買を行って売買益を得たときや、利息や配当等を受取ったときは、全額が非課税になります。

年金を受取るときも優遇税制があります

自身で積立て、運用した掛金を年金として受取るときにも、一時金として受取るときは「退職所得控除」、年金として受取る場合は「公的年金控除」を受けることができます。

注意事項

1. 原則として60歳まで引出せません

確定拠出年金(iDeCo イデコ)で積立て、運用した資金は60歳になるまで引出すことができませんので、資金計画をしっかり立てましょう。

2. 60歳では受給できない場合もあります

給付金を受取ることができる受給開始年齢は、確定拠出年金(iDeCo イデコ)に加入する年齢によって違うため、事前によくご確認ください。