文字サイズの変更

ジェイリバイブ、ネクストジャパンの運用力!

掲載日時:2017/09/22

毎月分配型ファンドが軒並み分配金を引き下げる中で、個性的なアクティブ運用ファンドがここ数か月、見直される傾向にあります。なかでも「ひふみプラス」のパフォーマンスが良いことは、みなさんもご存知だと思います。
ところが、国内の株式への投資を考えたときに圧倒的なパフォーマンス実績を誇るファンドがあることをご存知の方は意外に少ないかも知れません。

それが今回ご紹介する2ファンドです。
・SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称:jreviveU
・中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(年2回決算型)/愛称:jnextU

  

様々な観点から、それぞれのパフォーマンスを見てみましょう。
まずは単純に5年前(2012.8.31)を100として一般的な指数と比べてみます。この2ファンドは他の指数を大幅に上回るパフォーマンスとなっております。両ファンドがそれぞれ投資対象とする銘柄の選択が非常に優れていることが確認できるでしょう。

  

以下、ジェイリバイブ → SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称:jreviveU、
ネクストジャパン → 中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(年2回決算型)/愛称:jnextUを指します。


※「jreviveU」「jnextU」は、設定して5年未満の為、比較データは従来より運用されている「jrevive」「jnext」の値を使用しています。(各ファンドはファミリーファンド形式で運用を行なっており、同じマザーファンドで運用されております。運用手法については、T、Uともに違いはありません。)


5年間のパフォーマンス比較

【出所】BloombergよりSBIアセットマネジメント作成
  ※データ期間:2012年8月末〜2017年8月末時点(基準時点を100として指数化)
  ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

  

次に、特筆すべきは投資効率の良さです。
一般的に「ハイリスク、ハイリターン」「ローリスク、ローリターン」と言われるように、リターンが高ければ、リスクも高くなりますが、「シャープレシオ」と呼ばれる指標を用いることで、リスク対比でみたときの運用効率の良さを比較することができます。「シャープレシオ」とは、単純なリターンではなく、リターンを獲得するためにどれくらいのリスクをとっているかを表すものであり、数値が高いほど効率的の良い(リスクが低く、リターンが高い)運用が行なわれたということになります。

  

モーニングスター社のHPで公表しているファンドランキング※1において、「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)※2」は、5年間のシャープレシオで全ファンド中「第1位」を獲得しています。
「中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)※2」も同様に全ファンド中「第3位」の成績を収めており、投資効率の良さが際立っています。

  

※1: 2017年7月末時点
※2:「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)」、「中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)」は、それぞれファミリーファンド形式で運用を行なっており、運用手法については、T、Uともに違いはありません。


投資効率性の比較(5年間)

【出所】BloombergよりSBIアセットマネジメント作成
  ※データ期間:2012年8月末〜2017年8月末時点
  ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

  

また、仮に過去5年間、毎月1万円の積み立てをしていた場合、円預金(利率年0.02%)ですと600,295円と295円分の利息しか付きませんが、ネクストジャパンに積み立てした場合、1,291,296円となり、ジェイリバイブですと1,359,485円にもなります。あくまで過去の実績ではありますが、長期にわたって積み立てを行うことで、円預金で寝かしていただけでは到底得られない大きな果実を享受できていたことがわかりますね。


毎月末に1万円を積み立てた場合のシミュレーション(5年間)

【出所】SBIアセットマネジメント作成(2017年8月末時点)
  ※データ期間:2012年9月末〜2017年8月末までの計60か月間
  ※円預金金利は全期間0.02%として計算しております。
  ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

  

最後に、上記2ファンドは、中小型株運用のスペシャリストである「エンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社」より助言を受けて運用を行なっております。同社は革新的な成長企業を中心とした調査・分析・投資助言に特化しており、企業の経営者との徹底した個別直接面談調査に基づく厳選投資を行なっております。
これらの投資信託の保有を通じて、将来性の高い優良企業に資金供給を行なうことで、日本経済全体を間接的に応援してみるのはいかがでしょうか。


SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)【愛称:jreviveU】


中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(年2回決算型)【愛称:jnextU】

  • ファンド(指定投資信託証券を含みます)は、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本を割込むことがあります。
  • ファンドは、預貯金とは異なり、投資元本および利回りの保証はありません。運用成果(損益)はすべて投資者の皆さまのものとなりますので、ファンドのリスクを十分にご認識ください。

SBIアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第311号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

スルガ銀行株式会社 登録金融機関 東海財務局長(登金)第8号 加入協会:日本証券業協会

はじめてのお客さま  スルガ銀行ではじめてお取引きされる方

口座をお持ちのお客さま  スルガ銀行に普通預金口座をお持ちの方

ログイン  スルガ銀行に普通預金・投資信託口座をお持ちの方

スルガ銀行で投資信託をはじめる理由

詳しい内容・お問い合わせは

スルガ銀行 アクセスセンター投信デスク

0120-86-1449 ハロー トウシシンタク

お電話承り時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜17:00

前のページへ戻る

特集記事一覧を見る

投資委託会社等から提供されているレポートです。